太陽光発電の仕組み太陽光パネルの種類と変換効率
HOME | 太陽光発電・蓄電池を学ぶ | 関東は住宅用太陽光発電設置に向いている?

関東圏の太陽光発電量はどのくらい?

ソーラーフロンティア全国の「実発電量」実績

ソーラーフロンティア、ホームページより

関東圏の太陽光発電量は、パネル1kWあたり2kWhから5.5kWh程度のようです。平均して11月がもっとも少なくなり、5月にかけて最も多くなります。日照時間、太陽の角度によって大きく変わりますが、関東は雪が降らず、冬は晴天続きで、年間を通じて日照時間が長いほうなので、太陽光発電にたいへん適した地域と言えるでしょう。茨城県、埼玉県、千葉県などの間で特に差はありません。山梨県が、特に太陽光発電に適した場所であるというデータはあります。日本で最も適した地域は九州ですが、山梨県はそれに匹敵するほど発電量が多いというデータが出ていたりします。同じ関東ですから、関東地方全体が太陽光発電しやすい地域と考えてよさそうです。

メガソーラーよりも、むしろ住宅用太陽光発電システムのほうが、発電量が多かったりもします。住宅の屋根というのは侮れません。一般的に高い場所に設置するので、雑草などで邪魔されることが少ないからかもしれません。

住宅用太陽光発電システムの耐用年数は?

1984年8月、京セラは、太陽光発電システム

京セラホームページより

住宅用太陽光発電システムの耐用年数は、まだ使用され始めて間もないシステムですので、あまりはっきりしたデータはありませんが、20年は大丈夫だろうと言われています。20年経過した場合、発電効率は10%程度しか低下しないし、さらに長期間使い続けることも可能であるとしているメーカーもあります。法定耐用年数は17年ですが、それを大きく超えて使用し続けることは可能でしょう。ただし、エアコンと同様、どんどん技術革新が進んでいくわけですから、古い製品を使い続けるより、新しいものに買い替えたほうが、コストパフォーマンスが良くなる可能性は大いにあるでしょう。しかし、コストパフォーマンスを気にしなければ、稼働させ続けることはできそうです。エアコンもそうですが、廃棄コストというのもそれなりにかかることになるでしょうから。ちなみに、1984年8月の京セラが、太陽光発電システムの基礎研究や実証のために千葉県佐倉市にソーラーエネルギーセンターは、四半世紀が経過した現在も発電を続けてます。

太陽光発電の特徴と設置に向いている地域は?

日本各地の年間推定発電量

サンテックパワーホームページより

太陽光発電は、他のクリーンエネルギーに比べて、実際は安価なエネルギーだと言えます。送電網が未整備の発展途上国では、最も安価なエネルギー源として使用されています。高コストで破たんなどと取りざたされているのは、買取価格が高すぎたためです。スペインやドイツでは太陽光発電の普及を図るため、高い買取価格を設定し、太陽光発電システム導入が加速するにつれて、その買取価格では立ち行かなくなりました。それで、当初の約束していた買取価格では買取しないことなどになり、混乱をきたしました。別に、太陽光発電自体が失敗したわけではありません。むしろ発電がうまくいき、発電量が順調に増えていったために起きたことです。

買取量が増えすぎて困るほど大量に発電できたということです。この結果から、非常に有望な発電方法だということがわかります。そのうえ、日本が太陽光発電買い取り制度を本格的に始めると決まったとたんに、発電効率が大幅に、飛躍的にアップしました。日本で太陽光発電の促進がなされる前は、発電効率は長い間世界的に横ばい状態でした。それが2012年に急に大幅にアップしましたから、今後もさらなる向上が期待できます。必要は発明の母、ということでしょう。太陽光パネルの値段もどんどん下がり、太陽光発電システム導入のための初期費用もかなり安くなってきています。日本が太陽光発電買い取り制度を本格的に開始した当初は、国や自治体からの補助制度がかなりありました。けれど現在はほとんど廃止されています。それでも十分採算が合うくらい、太陽光発電システム導入費用は安くなっています。しかも発電効率は相当アップしています。初期費用回収までの期間も、当初のシミュレーションより短くなる可能性も大いにあります。
 
日本はドイツよりもずっと緯度が低く、特に関東地方は晴天の日が多いので、太陽光発電システム設置に向いた地域と言えるでしょう。しかも高い山があまりなく、関東平野という非常に開けた平坦な土地に位置するため、日も当たりやすく、ほとんどの地域で住宅用太陽光パネルを設置できます。特に冬に雪が降らず、ほとんど晴天続きであるというのは大きなメリットです。ドイツのような気候でさえ、買取りが続けにくくなるほど大量に発電できたのですから、関東地方ならなおさらでしょう。しかもドイツが太陽光発電を、国を挙げて推進しようとした時代より、発電効率は比較にならないほどアップしています。日本では、ドイツ、スペインの例から学び、買取価格を次第に下げ、導入コストとのバランスをとるようにしています。たとえ買取量が予想以上に増えていったとしても、原発よりずっと安いし、国民負担も少なくて済むことは明らかとなっていますので、この流れを止めようとする方向には向かわないでしょう。売電できなくなるという心配は、ほとんどないと考えられます。

太陽光発電の初心者でも安心!あなたにぴったりのプランを提案します!
価格もいろいろと相談にのります(^▽^)/。資料請求、お見積りは、お電話03-5298-2655もしくは下記フォームまで、お気軽にお問い合わせください!

住宅用太陽光発電システムメーカー

パナソニック太陽光発電システム

パナソニックパナソニック
数あるメーカーの太陽光発電システムの中でも、パナソニックは発電量がトップクラスを誇っています。

三菱太陽光発電システム

三菱太陽光発電システム三菱太陽光発電システム
業界最高のパワーコンディショナ変換効率!電力変換効率は、8年連続業界No.1を誇っています。

東芝太陽光発電システム

太陽光発電システムの中でも、東芝の太陽光パネルは発電効率は世界ナンバーワンを誇っています。

長州産業太陽光発電システム

長州産業長州産業
長州産業は、太陽光発電と半導体の製造・販売メーカーです。雨漏り保証をつけて、他社と差別化をしています。

シャープ太陽光発電システム

シャープは1959年から太陽電池の開発を開始し1963年にはいち早く太陽電池の量産化に成功しています。

サンテック太陽光発電システム

サンテックパワージャパンサンテックパワージャパン
サンテックは、設置後12年まで最大出力の90%を、設置後25年まで最大出力の80%を保証しています。

 Qセルズ太陽光発電システム

 ハンファQセルズ ハンファQセルズ
Qセルズは、曇りの日、照度の低い季節などの設置環境においても太陽光パネルをの力を存分に発揮します。

 ご相談・お見積もりは、お電話もしくは下記のフォームをお使いくださいませ。

 太陽光発電のご相談・お見積もりは、お電話もしくは下記のフォームをお使いくださいませ。
お見積もりは、下記項目をご入力の上、無料で相談するボタンを押して下さい。*のついたものは必ずご記入ください。
 

無料相談・見積もりフォーム