太陽光発電の仕組み太陽光パネルの種類と変換効率
HOME | 太陽光発電・蓄電池を学ぶ | 東京23区内で太陽光発電を設置するなら!ソーラーパネルの選び方

東京23区内で太陽光発電を設置するなら!ソーラーパネルの選び方

最適なメーカーの提案

東京23区内で太陽光発電システムを設置する場合、どのメーカーでどの太陽光パネルを選べば良いのか迷う方も多いと思います。特に東京23区内にお住いの方の場合、狭小住宅が多いためパネルの設置面積も限られてしまいがちです。太陽光発電システムから作られた電気を使って、様々な用途に利用したいと考える場合には独立系の発電システムを構築するようになりますが、その際にはチャージコントローラーの選定も行う必要があります。太陽光パネルとは、太陽電池モジュールと呼ばれるもので、住宅用では屋根に取り付けることで太陽光からのエネルギーを直流電力へ作り変える働きをします。メーカーや種類によって出力量が違っており、業界トップスラスのモジュールでは250Wや290Wというパネルも登場しています。ャージコントローラーは、パネル同様に住宅用太陽光発電システムでは必須となる設備機器です。出力が大きいパネルを使用する場合はボルト数も大きくなるので、チャージコントローラーもその仕様に合わせないと、稼働しません。

このチャージコントローラーとは、バッテリーへの充電と放電(利用)時の管理を行う機器で、種類には充電のみを行う充電コントローラーと、充電+放電を行う充放電コントローラー、独立系の照明機器に使用する充電ライトコントローラーの3タイプがあります。この中で独立系の太陽光発電システムに利用されるのが充放電コントローラーで、メーカーなどではパワーコンディショナーと呼ばれています。このパワーコンディショナーは、パネルで作られた高電圧な直流電力を、家庭で利用できる電気に変換する働きをするもので、選ぶ際には電力変換効率の高いものがおすすめでトップクラスの製品は98%と高効率となっており、太陽光パネルから創られた電気を余すところなく活用できるようになっています。

出力面から考えるソーラーパネルの選び方

サイズがコンパクトですので大変計量でもあり

東京23区内で太陽光発電システムを導入する場合、限られた設置面積でも十分な電力を作ることができる太陽光パネルを選ぶこともポイントの一つです。国内には様々なメーカーがありますが、選ぶなら小さな屋根でも投資効果の得られる製品がおすすめです。例えば、ジンコソーラーという海外メーカーの場合ですが、単結晶の太陽光パネルのサイズが1,650×992×40の外形寸法でパネル出力が280Wあります。対する三菱電気の太陽光パネルは1,657×994×46の外形寸法で270Wです。この場合、ジンコソーラーのパネルの方が、サイズは小さいですが、出力は三菱よりも大きいとなります。太陽光パネルは他社よりもひとまわりほどサイズが小さいにもかかわらず、その最大出力は280Wを誇っており世界でもトップクラスの規模を誇っています。(※2016年10月時点)
また、サイズがコンパクトですので計量でもありす。他社の280Wの太陽光パネル1枚の重量は約21kg前後ですが、このメーカーのパネルは約19kgと約3kgも軽い仕様になります。

太陽光パネルが軽いということは、屋根や住宅にかかる重量負担を軽減することもできます。その他のメーカーでは屋根の形状に合わせて正方形・台形・ハーフタイプなど、様々な形状のパネルを組み合わせて設置することで、総合的な屋根の発電量をトップクラスの出力量を誇るパネルを提供して無駄なくパネルを設置することができ最大限に発電をすることができます。太陽光発電システムを導入する目的が、生涯の売電収益を優先的に考える場合には、こうした出力量の高いパネルを選ぶことがおすすめで、同時により多く家庭用電気として利用できるよう、高効率のパワーコンディショナー(チャージコントローラー)を選ぶようにすると良いでしょう。

製造国から見るソーラーパネルの選び方

太陽光見積もり

国内メーカーであってもその生産拠点は様々で、海外で生産して国内で組み立てを行っているメーカーもあれば、全ての工程を国内で行っているメーカーもあります。多くの国内メーカーが国内生産にこだわっていますが、実際には海外で組み立てしているのがほとんどです。純国内生産にこだわっているのは、長州産業とソーラーフロンティアだけだと思います。海外のものが全て劣っているというわけではありません。国産製品であっても発電量の低いものもあれば、海外製品であっても高効率のものもあります。価格の面において、一般的に日本製は高価で海外製(中国製)は安価の場合が多いという傾向があります。従って、太陽光発電システムを導入する際になるべく初期投資費用を抑えて、短い期間での初期費用回収を望むならば、海外製の比較的安価な太陽光パネルを多く設置することで、一般的な回収期間よりも短い期間での初期費用回収が見込めます。しかしながら、東京23区内の住宅となると、設置可能なパネル枚数にも限りがあるケースもあるため、設置枚数が少ないと最大出力の低いパネルでは逆に回収期間が長くなる可能性があります。

海外メーカーの中には、世界最高効率を誇る太陽光パネルメーカーもあり、独自の製造方法によりコストカットにも成功しているので日本でも人気があります。日本においての知名度は国内メーカーの陰に隠れて低めですが、世界的視野から見ると大手国内メーカーよりも注目度は高いです。

特に日本製にこだわりを持たないのであれば、海外製のコストパフォーマンスの良い太陽光パネルを設置するのも良いかもしれません。ただし、その際には万が一のことを考えてアフターケアや保証制度、メンテナンスなどのサービスが整っているかも確認しておきましょう。太陽光発電システムを設置することは、たとえ規模が小さくでも大きな買い物です。よく検討してから選ぶようにしましょう。

太陽光発電の初心者でも安心!あなたにぴったりのプランを提案します!
価格もいろいろと相談にのります(^▽^)/。資料請求、お見積りは、お電話03-5298-2655もしくは下記フォームまで、お気軽にお問い合わせください!

住宅用太陽光発電システムメーカー

パナソニック太陽光発電システム

パナソニックパナソニック
数あるメーカーの太陽光発電システムの中でも、パナソニックは発電量がトップクラスを誇っています。

三菱太陽光発電システム

三菱太陽光発電システム三菱太陽光発電システム
業界最高のパワーコンディショナ変換効率!電力変換効率は、8年連続業界No.1を誇っています。

東芝太陽光発電システム

太陽光発電システムの中でも、東芝の太陽光パネルは発電効率は世界ナンバーワンを誇っています。

長州産業太陽光発電システム

長州産業長州産業
長州産業は、太陽光発電と半導体の製造・販売メーカーです。雨漏り保証をつけて、他社と差別化をしています。

シャープ太陽光発電システム

シャープは1959年から太陽電池の開発を開始し1963年にはいち早く太陽電池の量産化に成功しています。

サンテック太陽光発電システム

サンテックパワージャパンサンテックパワージャパン
サンテックは、設置後12年まで最大出力の90%を、設置後25年まで最大出力の80%を保証しています。

 Qセルズ太陽光発電システム

 ハンファQセルズ ハンファQセルズ
Qセルズは、曇りの日、照度の低い季節などの設置環境においても太陽光パネルをの力を存分に発揮します。

 ご相談・お見積もりは、お電話もしくは下記のフォームをお使いくださいませ。

 太陽光発電のご相談・お見積もりは、お電話もしくは下記のフォームをお使いくださいませ。
お見積もりは、下記項目をご入力の上、無料で相談するボタンを押して下さい。*のついたものは必ずご記入ください。
 

無料相談・見積もりフォーム