サンテックパワーの住宅用太陽光発電システム

三菱は業界最高のパワーコンディショナ変換効率

三菱電気の住宅用太陽光発電

太陽光発電システムを選ぶポイントは、「システム全体における発電量」です。三菱電機は「高出力モジュール」と「高効率パワーコンディショナ」の組み合わせで、高い発電量を実現しています。三菱電機の住宅用太陽光発電システムの特徴としては、まず第1に業界最高となるパワーコンディショナの電力変換効率が挙げられます。三菱製品の高出力の太陽光モジュールと高効率のパワーコンディショナを組み合わせることで、高い発電力を実現させています。住宅用太陽光発電では、屋根の上に太陽光モジュールを設置しますが、三菱電機のものは245Wという高出力のモジュールで、この高い出力のモジュールは三菱製品の中でも最高出力となっています。また、モジュールで作りだした電力は、パワーコンディショナによって家庭で利用可能な電気に変換されるのですが、三菱製品ではこの変換効率が実に98%とほぼ100%に近い高効率を誇っています。

国内住宅用パワーコンディショナ(単相、10kW未満機種、2016年8月現在)において、三菱のパワーコンディショナの電力変換効率は、8年連続業界No.1を誇ります。太陽光発電システム全体の発電量は、モジュールの出力の高さも大切ですが、それ以上に電力を家庭用電気に変換するパワーコンディショナの変換効率が大きな決め手となってきます。

太陽光発電は、少ない投資でクリーンなエネルギーが作れるとして、国をあげて推奨されている発電システムですから業界は非常に競争率が激しく、厳しい状況にあります。こうした中において、8年連続してトップを守り続けている三菱のパワーコンディショナは、それだけ高い効果を生み出す証でもあります。三菱独自の密閉構造により、脱衣所や洗面所など湿度が高い場所への設置が可能です。また、災害などによる停電時でも、自立運転による電力供給が可能です。パワーコンディショナ本体のコンセントと、増設コンセント用の端子台を標準で装備しています。三菱の太陽光発電システムを導入すれば、比較的光の少ない曇りや早朝・夕方でも高い電力変換効率を維持することが可能です。高い変換効率が維持できれば、回収期間も早めることが可能で、245Wを20枚設置した際の回収期間は、約7.6年~8.4年となっており、10年を切る計算となります。

日本の屋根構造にピッタリ!小さい屋根でも設置可能

三菱の住宅用太陽光発電システムは、高変換効率であるだけではありません。太陽電池モジュールの形状が豊富に取り揃えられていることも大きな特徴となっています。ラインナップとしては、245Wシリーズは長方形の他に正方形・台形2種・ハーフ型など全部で6種類の形状があり、複雑な形をした屋根でも無駄なく設置することが可能で、屋根の面積を最大限に利用することができます。また、屋根面積が小さいタイプの住宅でも、高出力である三菱製品なら十分に発電することができるのです。230Wシリーズも6種類のラインナップであり、225Wシリーズは長方形・正方形・台形2種の4種類があります。三菱の太陽電池モジュールは、同様に台形型やハーフ型を提供している大手国内メーカーと比較すると、サイズが少々小さめに設計されており、縦の幅が他社に比べて約13cm程小さくなっています。また横のサイズも異なります。こうしたこともあり、他社の製品よりも大幅に低価格となっているため費用対効果や回収期間などの面からも最適で、自宅の屋根を最大限に利用してリーズナブルに太陽光発電を行いたいと考えている方には、大変おすすめとなっています。

塩害地域や多雪地域でも設置可能

三菱の太陽光発電システムは他の国内メーカーと比べて比較的、値段が安いほうです。安いということは、その分品質に差が生じるのでは?と考えがちですが、決してそんなことはありません。三菱電機では、長期的に安定して利用してもらうことを第一に考えて品質にもこだわっています。太陽光発電は、いわゆる家庭の小さな発電所ですから、長期使用を可能とする高耐久性、安定した電力発電を行うための高品質が重要であり、それを可能とするために「メイド・イン・ジャパン」にこだわっています。例えば、屋根で発電した電気を集約するための端子ボックスにおいては、高い電圧がかかるパーツであるため、品質が悪いと住宅に大きな影響を及ぼす可能性があります。そこで三菱は、独自の4層構造の端子ボックスを開発し、難燃性・耐久性に優れたボックスのみを採用して住宅を守っています。

また、モジュールのフレームの四隅に水切り加工を施すことにより、モジュールのガラス表面にホコリやゴミが付着した際に、雨水で流しやすくなり発電量の低下を防いでいます。日本の気候は北と南では大きく違っており、また冬季においては寒さの厳しい地域、豪雪地域などもあります。こうした厳しい日本の自然環境でも安定した発電が行えるよう、耐候性・耐湿性・密封性に優れた3層構造のバックフィルムを採用しています。更にフレームやねじにもこだわり、これらは耐蝕性に優れためっきを採用しています。これにより、厳しい気候や塩害の多い海沿いの住宅でも設置が可能です。

オプションとしてプロテクションバーを採用することにより、積雪にも強いモジュールを作り上げることに成功しています。特に豪雪地帯では、積雪地域対応モジュールを採用することで、垂直積雪量が2.0mまでならば設置が可能となっています。三菱電機の太陽光発電システムは、高出力・高効率でありながらもリーズナブルで、ラインナップも豊富なので設置が難しいのではと諦めかけていたお客様でも、安心して太陽光発電を行うことが可能です。

三菱電機の太陽光発電システムのオススメのポイント!

三菱電機の太陽光発電システムのオススメのポイント!
 
パワーコンディショナの電力変換効率は、8年連続業界No.1
難燃性・耐久性にすぐれた「端子ボックス」
キレイをキープして発電量の低下を防ぐ「防汚フレーム」
「高出力モジュール」と「高効率パワーコンディショナ」で、高い発電量を実現
6種類のモジュールを組み合わせて屋根全体の発電量をアップできる 
屋根いっぱいにモジュールを敷き詰められるマルチルーフ採用
発電ロスを抑えて出力を向上させるPERC構造

太陽光発電の初心者でも安心!あなたにぴったりプランを提案します!三菱は特別価格でご案内します!
価格もいろいろと相談にのります(^▽^)/。資料請求、お見積りは、お電話03-5298-2655もしくは下記フォームまで、お気軽にお問い合わせください!

 ご相談・お見積もりは、お電話もしくは下記のフォームをお使いくださいませ。

 太陽光発電のご相談・お見積もりは、お電話もしくは下記のフォームをお使いくださいませ。
お見積もりは、下記項目をご入力の上、無料で相談するボタンを押して下さい。*のついたものは必ずご記入ください。
 

無料相談・見積もりフォーム

 

住宅用太陽光発電システムメーカー

パナソニック太陽光発電システム

パナソニックパナソニック
数あるメーカーの太陽光発電システムの中でも、パナソニックは発電量がトップクラスを誇っています。

三菱太陽光発電システム

三菱太陽光発電システム三菱太陽光発電システム
業界最高のパワーコンディショナ変換効率!電力変換効率は、8年連続業界No.1を誇っています。

東芝太陽光発電システム

太陽光発電システムの中でも、東芝の太陽光パネルは発電効率は世界ナンバーワンを誇っています。

長州産業太陽光発電システム

長州産業長州産業
長州産業は、太陽光発電と半導体の製造・販売メーカーです。雨漏り保証をつけて、他社と差別化をしています。

シャープ太陽光発電システム

シャープは1959年から太陽電池の開発を開始し1963年にはいち早く太陽電池の量産化に成功しています。

サンテック太陽光発電システム

サンテックパワージャパンサンテックパワージャパン
サンテックは、設置後12年まで最大出力の90%を、設置後25年まで最大出力の80%を保証しています。

 Qセルズ太陽光発電システム

 ハンファQセルズ ハンファQセルズ
Qセルズは、曇りの日、照度の低い季節などの設置環境においても太陽光パネルをの力を存分に発揮します。