HOME | ニュース・トピック | 「曲がる」太陽光パネル登場!

「曲がる」太陽電池が登場!インクジェット印刷で実現か?

厚さ53ミクロンと新聞紙より薄い太陽電池を

福島大学が、家庭用プリンターと同じ原理で、対象物に余計な力を加えないインクジェット印刷技術を用いた、厚さ53ミクロンと新聞紙より薄い太陽電池を、支持基板なしの自立した状態で作製することに成功したと発表しました。
 
新聞より薄い「曲がる」太陽電池、インクジェット印刷で実現
 
下記はヤフーニュースによる開示情報です。
 

福島大学は2016年10月5日、新聞紙より薄い厚さ53ミクロン(0.053ミリメートル)の結晶シリコン太陽電池の開発に成功したと発表した。薄くすることで軽量かつ安価になるだけでなく、建築物や携帯機器、自動車など幅広い対象に適用できるフレキシブルな太陽電池として期待できるという。
 
現在太陽光発電に最も使われている結晶系のシリコン太陽電池では、通常200ミクロン(0.2ミリメートル)程度の厚さの固いシリコン基板が用いられている。これを薄くすれば、材料の節約によって安く軽くすることができ、さらに数十ミクロン以下の厚さになれば、曲げることができるようになる。今回研究グループが開発した太陽電池はこうした薄型であるだけでなく、太陽光の受光面に電気を取り出す電極を配置しない裏面電極型(バックコンタクト)だ。裏面電極型の太陽電池は、光から電力へのパワー変換効率や意匠性が高く、配線が容易という特長があり、開発するメーカーも増えている。
 
しかしこの電極の形成には高い精度が求められる。そのため、一般的に半導体の作製と同じフォトリソグラフィという方法が用いられており、装置が高価になる。さらに薄い基板の場合は、作製中に加わる力によって割れてしまうという問題もあり、シリコン基板を厚い支持基板に貼り付け、強化する必要があった。これに対し研究グループは家庭用プリンターと同じ原理で、対象物に余計な力を加えないインクジェット印刷技術を用いた製造方法の開発に取り組んだ。これにより厚さ53ミクロンと新聞紙より薄い太陽電池を、支持基板なしの自立した状態で作製することに成功した。

記事はここまで。
 
ちなみに、ミクロン【micron】とは、長さの単位を表します。1ミリメートルの1000分の1となります。しかし、今は、ミクロンという単位より、μmマイクロメートルを用いています。記事にあるように、53ミクロン=0.053ミリメートルの結晶シリコン太陽電池ですので、新聞紙より薄いという技術に驚きです。弊社でも、フレキシブルモジュールという厚みが約1.5ミリメートルのシート型の太陽光パネルをお取り扱いしています。弊社が取り扱いしているフレキシブルモジュールはすでに実用化されて、販売、設置しており、お客様からは、「見た目がカッコいい」「薄くて軽いですね」「勾配がきつくて太陽光をあきらめていたけどこれなら…」ということで評判です。しかしながら、今回の発表されたパネルには驚きです。技術の進歩により、早く実用化を期待したいところです。

太陽光発電の初心者でも安心!あなたにぴったりのプランを提案します!フレキシブルモジュールに関しても、どしどしお問い合わせください!
価格も相談にのります(^▽^)/。資料請求、お見積りは、お電話03-5298-2655もしくは下記フォームまで、お気軽にお問い合わせください!

NEWS・トピックス・新着情報

2017.04.03
ソーラーパネルから充電できる家庭用蓄電池の寿命は何年くらいもちますでしょうか?また、選ぶポイントがあれば教えてください。


2017.01.24
土地や建物(固定資産)の所有者に対し、毎年課税される地方税のことを「固定資産税」といいます。ソーラーカーポートに固定資産税がかかるのか?東京都主税局総務部総務課相談広報班へカーポートは課税の対象になるのか?きいてみました。


2017.01.24
他社でカーポートに太陽光パネルが16枚乗るタイプとコンクリート張り工事一式で300万と見積もりをもらったのですが高いのか安いのかわかりません。太陽光パネルはカナディアンソーラーという海外メーカーの270Wのパネルでパワコンは国内メーカーです。


2017.01.23
東京都における地球温暖化防止活動の拠点として、蓄電池を導入にあたり助成金がうけとれます。家庭用蓄電池の助成金は1kwhあたり4万円、最大24万円!


2017.01.20
長州産業の住宅用太陽光発電システム5.2kWの見積もり175万は適切な価格か?


2016.12.21
プロ野球の中日ドラゴンズの本拠地「ナゴヤドーム」で太陽光発電設備が完成したそうです。シート型のフレキシブルソーラーパネル1152枚を屋根に設置して、年間に17世帯分の電力を供給できるようです。


2016.10.31
シャープが、太陽光パネルを搭載し、スマートフォンを充電できる椅子を開発したとのことで、設置しているスタバ上野恩賜公園店に行ってみました。座面の下にある蓄電池への充電が完了した状態なら、スマホ1台15分で12台分を充電できる優れものです!


2016.10.14
2016年10月12日の午後、東京都内で最大約37万件、延べ58万世帯が停電がありました。東京電力ホールディングス(HD)の発表によると、埼玉県新座市にある地中送電ケーブルの火災が原因で、ケーブル劣化見抜けず、報告も遅れがあったとのことです。


2016.10.12
福島大学が、家庭用プリンターと同じ原理で、対象物に余計な力を加えないインクジェット印刷技術を用いた、厚さ53ミクロンと新聞紙より薄い太陽電池を、支持基板なしの自立した状態で作製することに成功したと発表!


2016.09.21
米国Apple(アップル)は、事業活動の電力を100%再生可能エネルギーで賄うことを目指す「RE100」に参加したことを発表、再生可能エネルギー100%を部品メーカーにも求めるそうです。


2016.09.20
再生可能エネルギーの電力の買取量が2016年5月に最高記録を更新した。月間で55億kWhに達し、一般家庭の使用量に換算して1850万世帯分になった。太陽光に加えて中小水力やバイオマスの発電量が増えているようです。


住宅用太陽光発電システムメーカー

パナソニック太陽光発電システム

パナソニックパナソニック
数あるメーカーの太陽光発電システムの中でも、パナソニックは発電量がトップクラスを誇っています。

三菱太陽光発電システム

三菱太陽光発電システム三菱太陽光発電システム
業界最高のパワーコンディショナ変換効率!電力変換効率は、8年連続業界No.1を誇っています。

東芝太陽光発電システム

太陽光発電システムの中でも、東芝の太陽光パネルは発電効率は世界ナンバーワンを誇っています。

長州産業太陽光発電システム

長州産業長州産業
長州産業は、太陽光発電と半導体の製造・販売メーカーです。雨漏り保証をつけて、他社と差別化をしています。

シャープ太陽光発電システム

シャープは1959年から太陽電池の開発を開始し1963年にはいち早く太陽電池の量産化に成功しています。

サンテック太陽光発電システム

サンテックパワージャパンサンテックパワージャパン
サンテックは、設置後12年まで最大出力の90%を、設置後25年まで最大出力の80%を保証しています。

 Qセルズ太陽光発電システム

 ハンファQセルズ ハンファQセルズ
Qセルズは、曇りの日、照度の低い季節などの設置環境においても太陽光パネルをの力を存分に発揮します。

 ご相談・お見積もりは、お電話もしくは下記のフォームをお使いくださいませ。

 太陽光発電のご相談・お見積もりは、お電話もしくは下記のフォームをお使いくださいませ。
お見積もりは、下記項目をご入力の上、無料で相談するボタンを押して下さい。*のついたものは必ずご記入ください。
 

無料相談・見積もりフォーム